ジェルネイルのフィルイン

美爪保持にはマメなメンテナンスを

ジェルネイルは3~4週間に一度の付け替えが必要となります。
それ以上の期間を置いての付け替えは当店ではおすすめしておりません。
また、自分でオフする際に「はがしてしまう」行為は”三層”で出来上がっている爪の表面一層をジェルと共に剥がしている事となります。
一旦薄くなった爪はジェルの持ちが悪くなり、悪循環となってしまいますのでなるべく周期を守りご来店いただきますようご案内をさせていただいております。

カウンセリングの大切さ

ジェルを付ける際、オフする際のネイリストの知識と技術が、爪が健康な状態を保ちながらジェルネイルを楽しめるか否かと言っても過言ではありません。
サロンでは通常ジェルオフ溶液を使用し、ジェルをオフいたします。それをソークオフと言います。
当店ではお客様のご希望をうかがい、フィルイン、ソークオフのいずれかのスタイルを選ぶことができます。
(現在ではほとんどのお客様がフィルインとなっております)

・「もともと爪が薄く、ジェルの持ちが悪い」お客様。
・他店での様々なつけ方により「爪がペラペラに薄くなってしまった」お客様。
・「ある程度の長さを保ちながらジェルを楽しみたい」お客様。
などへはフィルインを推奨しております。

フィルインとは

ジェルオフ溶液を使用せず付替えをする施術です。「一層残し」とも言いますがやり方は様々です。
ジェルを付ける際にフィルインに最適な下準備をし、フィルイン用のベースジェルを使用し施術を行います。
2回目ご来店の際には溶液オフをせずに表面のみのデザインをマシンで削り、ベースを一層残した状態にします。その上に再度お好みのカラーやデザインで仕上げます。以上を3~4週間程度の周期でご来店いただき続けていくことができます。

フィルインのサロン向け導入講習を開講しております。
ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

スクールホームページへ

↓フィルインでのご案内の様子(2回目来店時の流れ)

フィルイン伸びた状態
フィルインのお客様3週目ご来店
フィル施術一層残し
フィルインのベース残しの施術(オフ溶液使用せず)
フィル仕上げ
フィルインでの仕上げ

【フィルインのメリット】
・爪の健康を維持しながらジェルを楽しむことができます。
・溶液でジェルオフするよりも爪への負担が少なく、かつ施術時間が通常より短くご案内可能です。
・当店の長年の経験上、何を試してもジェルの持ちが悪い爪質、持ちが悪いライフスタイルの方にベストな施術と言えます。
・硬くしっかりとした仕上がりになるため生活上でソフトジェルのような「柔らかさ」を気にする必要がなくなります。
・爪をミディアム~ロングの長さを維持しながらジェルネイルを楽しみたい方に最適です(お爪は長く伸ばすほど先端は乾燥が進みもろくなります。ジェルオフ溶液の使用はそれに拍車をかけることになります)
・反り爪、扁平な爪など、個人差のあるお客様の「形」をジェルで造形しながら伸ばすことができます。爪の形を作ることによって生活での引っ掛かりを防ぎ、かつ見た目も美爪となります。

【フィルインのデメリット】
・硬質なジェルを使用するため、ご自身でオフはできません。しては危険です。(メンテナンス期間を必ず守らなければなりません)
・マシンを使用するため、微量の「機械振動」が苦手な方には推奨できません。
・ソフトジェルに比べると厚みが出ます。「薄づきのジェル」が好きな方へは不向きです。

【フィルインに関しての注意】
・爪質によってはフィルインの施術ができない場合もございます。ご希望の方へはまずはカウンセリングをしっかりさせていただきます。

フィルインには技術と経験が必要です。
気になる方は是非とも気軽にお問合せください。

店主自身はほぼフィルインで自身の爪を施していますので見てみたい方はご覧になってください♪